創画会小史 | 創画会

創画会

創画会小史

創画会は昭和23年(1948年)創造美術として発足、新制作協会日本画部を経て創画展を開催する運びとなりました。

創画会は自由と創造の精神をふまえ、幅広い世代の仲間達が個性ゆたかに現代日本画の創造に精進しております。

第30回 創画展より、創画会賞に加え新たに奨励賞をもうけました。

何とぞ御高覧、御批判を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

創造美術昭和23年 (1948) 1月26日、創造美術結成。
  「我等は世界性に立脚する日本絵画の創造を期す」と宣言する。
  創造美術は在野精神を尊重し自由と独立を標榜して真に世界性に立脚する
  日本絵画の創造を目指して結成された。
  創立会員は、秋野不矩 上村松篁 奥村厚一 加藤栄三 菊池隆志 沢 宏靱 高橋周桑
  橋本明治 広田多津 福田豊四郎 向井久万 山本丘人 吉岡堅二の13名であった。
昭和23年9月、東京都美術館に於て、創立第1回創造展を開催する。
  つづいて京都大阪展開催。
昭和24年5月、会員及び前年度受賞者による春季展を東京と京都にて開催する。
昭和24年9月、第2回創造展を東京・京都・大阪・名古屋で開催。
  尚、同年より毎月創造美術研究会を東京及び京都に於て、それぞれ開催する。
昭和25年6月、研究会を母体とした第2回春季創造展を東京・京都に於て開催。
昭和25年9月、第3回創造展を東京・京都・大阪・高松で開催する。
新制作協会
日本画部
昭和26年 (1951) 9月10日、創造美術は新制作派協会との相互理解のもとに、
  新たな美術運動の理想を求めて合流し、新制作協会日本画部となる。
昭和26年9月、第15回新制作展を開催、以後昭和48年まで東京・京都などにて開催された。
  日本画部春季展も、引き続き毎年東京と京都にて開催。
  その間、新会員も加わり日本画部会員は37名となる。
創画会昭和49年 (1974) 5月25日、創画会結成。
  新制作協会を離脱し再び新しい環境と純粋性を求める 日本画部会員
  37名全員による発足である。
昭和49年9月、第1回創画展を東京都美術館に於て開催、
  11月京都にて開催する。
昭和50年10月、第2回創画展を新設の東京都美術館に於て開催、
  11月、京都、12月、名古屋にて開催する。以後毎年開催。
  第1回春季創画展を東京・京都にて開催し、以後恒例とする。
昭和52年10月、第4回創画展開催に際し、記念図録「創画会30年のあゆみ」発行。
  11月、京都市美術館主催による「創造美術・新制作・創画の30年」展開催。
昭和53年1月、東京セントラル美術館主催による「創画会30周年記念展」開催。
  第5回創画展より図録発行。 
昭和58年12月、第10回創画展、福岡市美術館に於て開催する。
昭和59年12月、第11回創画展、福岡市美術館に於て開催する。
昭和60年12月、第12回創画展、福岡市美術館に於て開催する。
平成2年3月、第16回創画展、北九州市立美術館に於て開催する。
平成3年2月、第17回創画展、北九州市立美術館に於て開催する。
平成4年1月、第18回創画展、米子天満屋、天満屋広島店に於て開催する。
  9月9日、社団法人創画会となる。
平成6年1月、第20回創画展、天満屋広島店、2月、福岡博多大丸に於て開催する。
平成7年1月、第 21回創画展、呉市立美術館、2月、福岡博多大丸、4月、奈良そごう美術館、
  6月、高岡市美術館に於て開催する。
平成8年1月、第22回創画展、福岡博多大丸、2月天満屋広島店、4月、奈良そごう美術館
  に於て開催する。 
平成9年1月、第23回展、呉市美術館、 3月、クリエート浜松、4月、奈良そごう美術館
  に於て開催する。
  1月、毎日新聞社との共催による「創画会50年記念展」を京都高島屋、
  4月、高岡市美術館、5月、大阪高島屋、9月、東京大丸、10月、豊橋市美術博物館
  に於て開催する。
平成10年2月、第24回創画展、福岡博多大丸、4月、福井県立美術館に於て開催する。
平成11年1月、第25回創画展、呉市立美術館、2月、福岡博多大丸、4月、弘前市立博物館
  に於て開催する。
平成12年2月、第26回創画展、福岡博 多大丸、4月、クリエート浜松、7月、高岡市美術館
  に於て開催する。
平成14年1月、第28回創画展、ヤマトヤシキ(加古川)、2月、福岡博多大丸、
  4月、静岡グランシップに於て開催する。 
平成 15年1月、第29回創画展、ヤマトヤシキ(加古川)に於て開催する。
  10月、奨励賞を新設する。
平成 17年、准会員制度を新設する。
平成 19年、読売新聞社と美術館連絡協議会の主催による「創画会60年展」を東京高島屋他
  に於て開催する。
平成24年6月、一般社団法人に移行する。

年譜

年度         新会員        受賞         備考
1948(昭23)
創造美術
1創立会員(13名)

秋野不矩
上村松篁
奥村厚一
加藤栄三
菊池隆志
沢宏靱
高橋周桑
橋本明治
広田多津
福田豊四郎
向井久万
山本丘人
吉岡堅二
奨励賞

岩崎鐸
小郷良一
稗田一穂
堀文子
松井章
昭和23年1月26日
創造美術結成
1949(昭24)2奨励賞

稗田一穂
堀文子
第1回春季創造展(5月)
1950(昭25)3奨励賞

朝倉摂
麻田鷹司
松井 章

佳作賞

上野 泰郎
信太 金昌
竹山 博
第2回春季創造展(5月)
(退会) 加藤栄三
(退会) 橋本明治
1951(昭26)
新制作協会
日本画部
4朝倉摂
麻田鷹司
岩崎鐸
稗田一穂
堀文子
新作家賞

石本正
加山又造
工藤甲人
信太金昌
第3回春季創造展(5月)
昭和26年9月10日、 創造美術は新制作派協会と合流、新制作協会日本画部となる
1952(昭27)5新作家賞

上野泰郎
信太金昌
野崎貢
新制作協会日本画部
東京展(7月)
1953(昭28)6信太金昌新作家賞

石本正
加山又造
西村昭二郎
新制作協会日本画部
東京研究会展(7月)
1954(昭29)7新作家賞

石本正
上野泰郎
上原卓
加山 又造
近藤 弘明
平川 敏夫
新制作協会日本画部
東京研究会展(4月)
1955(昭30)8新作家賞

石本正
加山又造
黒沢吉蔵
近藤 弘明
野崎 貢
毛利 武彦
昭和30年以後毎年、
東京、京都に於て新制作協会日本画部春季展覧会を持つ
1956(昭31)9石本正
加山又造
新作家賞

工藤甲人
鈴木芳子
野崎貢
1957(昭32)10新作家賞

上野泰郎
近藤弘明
西村昭二郎
船越 修
渡辺 学
(退会) 岩崎鐸
1958(昭33)11新作家賞

上原卓
野崎貢
平川敏夫
1959(昭34)12上野泰郎
野崎貢
新作家賞

上原卓
烏頭尾精
近藤弘明
西村 昭二郎
渡辺 学
1960(昭35)13渡辺学新作家賞

上原卓
太田正弘
西村昭二郎
横山 朱美
1961(昭36)14上原卓
太田正弘
西村昭二郎
新作家賞

烏頭尾精
小野具定
塩見仁朗
羽根 節子
毛利 武彦
山谷 裕子
1962(昭37)15新作家賞

大河内正夫
大森運夫
小野具定
菊地 養之助
橋田 二朗
平川 敏夫
毛利 武彦
1963(昭38)16近藤弘明
平川敏夫
新作家賞

大河内正夫
小野具定
烏頭尾精
菊地 養之助
竹山 博
村松 秀太郎
1964(昭39)17工藤甲人
毛利武彦
新作家賞

池田幹雄
伊藤彬
大河内正夫
小野 具定
棚橋 文子
(死去) 高橋周桑
1965(昭40)18小野具定新作家賞

黒沢古蔵
塩見仁朗
竹山博
棚橋 文子
橋本 龍美
1966(昭41)19烏頭尾精
大河内正夫
竹山博
新作家賞

池田幹雄
大森運夫
菊地養之助
黒沢 吉蔵
佐藤 昌美
橋田 二朗
橋本 龍美
堀越 保二
1967(昭42)20黒沢吉蔵
菊地養之助
新作家賞

池田幹雄
石踊紘一
大森運夫
大山 鎮
佐々木 裕久
塩見 仁朗
堀越 保二
1968(昭43)21新作家賞

池田幹雄
上村淳之
小嶋悠司
佐々木 裕久
塩見 仁朗
棚橋 文子
松下 宣廉
村松 秀太郎
1969(昭44)22池田幹雄
塩見仁朗
新作家賞

石踊紘一
伊藤彬
川端健生
佐々木 裕久
佐藤 昌美
鈴木 旭
荻原 正美
三橋 節子
1970(昭45)23新作家賞

伊藤彬
大森運夫
小嶋悠司
佐藤 昌美
橋本 龍美
(死去) 福田豊四郎

(退会) 朝倉摂
1971(昭46)24大森運夫
橋本龍美
新作家賞

伊藤彬
大森運夫
小嶋悠司
佐藤昌美
戸田康一
三橋節子
宮本和胡
村松秀太郎
1972(昭47)25伊藤彬新作家賞

小嶋悠司
坂口麻沙子
田島佐理
中野嘉之
1973(昭48)26小嶋悠司新作家賞

坂口麻沙子
滝沢具幸
田島佐理
1974(昭49)27創画会賞

滝沢具幸
棚橋文子
戸田康一
昭和49年5月25日、 新制作協会を離脱し 創画会を結成


(死去) 奥村厚一
1975(昭50)28創画会賞

井崎昭治
内田あぐり
坂口麻沙子
滝沢具幸
藤田正美
宮本和胡
昭和50年以後、 東京・京都にて春季創画展を持つ
1976(昭51)29創画会賞

川端 健生
坂口 麻沙子
柴田 長俊
高畑 郁子
戸田 康一
村松 秀太郎
1977(昭52)30坂口麻沙子
滝沢具幸
創画会賞

佃藤正男
市川保道
平岩洋彦
平松礼二
松本俊喬
山岸俊治
記念図録「創画会30年のあゆみ」発刊 (10月)
11月、京都市美術館主催「創造美術・新制作・創画の30年」展開催
1978(昭53)31村松秀太郎創画会賞

上村淳之
河出幸之助
高畑郁子
平岩洋彦
堀越保二
山岸俊治
東京セントラル美術館 主催による「創画会30周年記念展」開催 (1月)


(死去) 太田 正弘

第5回展以後、図録発行
1979(昭54)32創画会賞

佐々木弘
中尾壽男
松井和弘
松本 俊喬
1980(昭55)33創画会賞

上村淳之
川端健生
佐々木弘
高畑 郁子
堀越 保二
水谷  雄
1981(昭56)34上村淳之
棚橋文子
高畑郁子
堀越保二
川端健生
創画会賞

岸みどり
関出
橋田二朗
津田 一江
大山 鎮
1982(昭57)35橋田二朗創画会賞

津田一江
浅野均
片柳勤
圡手朋英
佐々木弘
(死去) 菊池隆志
(死去) 沢宏靱
1983(昭58)36創画会賞

角井満夫
柴田長俊
小西通博
圡手 朋英
坪谷 幸作
浅野 均
福岡展開催
1984(昭59)37佐々木弘
戸田康一
創画会賞

藤田志朗
岡崎國夫
圡手朋英
野村宣義
樋口峰夫
中尾語男
福岡展開催
1985(昭60)38圡手朋英創画会賞

岡村桂三郎
竹原城文
松本俊喬
中尾壽男
福岡展開催
1986(昭61)39中尾壽男創画会賞

宮城真
柴田長俊
浅野均
小西逓博
八木幾朗
山岸俊治
(死去) 山本丘人
(死去) 上原卓
1987(昭62)40山岸俊治
佐々木裕久
浅野均
佐藤晨
創画会賞

松井和弘
内田あぐり
岡崎國夫
山本直彰
(死去) 向井久万
(死去) 麻田鷹司
(退会) 近藤弘明
1988(昭63)41柴田長俊創画会賞

岡村桂三郎
沢田敏暉
平山英樹
藤田志朗
藤田正美
北條正庸
1989(平元)42創画会賞

斉藤典彦
竹原城文
藤井隆也
北條 正庸
山本 郁
山本 直彰
北九州展開催
1990(平2)43創画会賞

今井文二
小池一範
平山英樹
星野 哲弘
松井 和弘
宮  いつき
吉川 弘
北九州展開催

(死去) 吉岡堅二
(死去) 広田多津
1991(平3)44松井和弘創画会賞

内田あぐり
角井満夫
竹原城文
成瀬今目子
西久松吉雄
宮いつき
宮城真
米子展開催
広島展開催
1992(平4)45内田あぐり創画会賞

小池一範
斉藤典彦
星野哲弘
三待成司
宮いつき
宮城真
1993(平5)46創画会賞

小池一範
斉藤典彦
重政啓治
羽生輝
北條正庸
星野哲弘
広島展開催
福岡展開催
1994(平6)47小池一範
竹原城文
創画会賞

小池一範
清水豊
竹原城文
津田一江
吉川弘
広島展開催
福岡展開催
奈良展開催
富山展開催


(死去) 竹山博
1995(平7)48北條正庸
星野哲弘
宮城真
創画会賞

北條正庸
星野哲弘
松倉茂比古
宮城真
山本郁
吉川弘
福岡展開催
広島展開催
奈良展開催


(死去) 川端健生
1996(平8)49吉川弘創画会賞

綾田勝義
今井文二
植田一穂
片柳勤
清水豊
田内公望
山本直彰
吉川弘
広島展開催
浜松展開催
奈良展開催


(死去) 塩見仁朗
1997(平9)50斎藤典彦
山本直彰
創画会賞

石股昭
植田一穂
斎藤典彦
関田比佐子
松倉茂比古
山本直彰
福岡展開催
福井展開催
毎日新聞社との共催による「創画会50年記念展」開催
(1月京都高島屋、4月高岡市美術館、5月大阪高島屋、9月東京大丸、10月豊橋市美術博物館)
1998(平10)51創画会賞

岩本和夫
雲丹亀利彦
重政啓治
武田州左
渡辺章雄
呉展開催
福岡展開催
弘前展開催
1999(平11)52宮いつき創画会賞

綾田勝義
岩本和夫
雲丹亀利彦
久保田明宏
重政啓治
野畑直子
宮いつき
目黒祥元
福岡展開催
浜松展開催
高岡展開催


(退会) 堀文子
(死去) 西村昭二郎
2000(平12)53重政啓治
津田一江
創画会賞

岩本和夫
雲丹亀利彦
重政啓治
清水豊
津田一江
伴戸玲伊子
松本祐子
室井佳世
(死去) 小野具定
(死去) 渡辺学
2001(平13)54岩本和夫
雲丹亀利彦
創画会賞

岩本和夫
植田一穂
上野富二郎
雲丹亀利彦
武田州左
牧野一泉
三木登
加古川展開催
博多展開催
静岡展開催


(死去) 上村松篁
(死去) 野崎貢
(死去) 秋野不矩
(退会) 伊藤彬
2002(平14)55清水豊創画会賞

今村雅弘
奥村美佳
尾長良範
清水豊
武田州左
牧野一泉
加古川展開催


(死去) 佐々木裕久
2003(平15)56植田一穂
武田州左
創画会賞

植田一穂
海老洋
来野あぢさ
小西通博
武田州左
平山英樹

奨励賞

荒木亨子
池田知嘉子
岡部隆志
奥村美佳
木田久美子
小島徳朗
小林努
松倉茂比古
奨励賞を新設する。


(死去) 菊地養之助
2004(平16)57綾田勝義
小西通博
平山英樹
創画会賞

綾田勝義
上野富二郎
大槻睦子
尾長良範
久世直幸
小西通博
平山英樹
宮島弘道

奨励賞

石原貴暉
島崎夏世
多賀竜一
高田学
西牧善文
藤井智美
藤田雅彦
薮下育絵
(死去) 加山又造
2005(平17)58上野富二郎
尾長良範
創画会賞

石股昭
上野富二郎
海老洋
尾長良範
小野定
西久松吉雄
三木登
宮島弘道

奨励賞

石原貴暉
下村進
神彌佐子
竹川リサ
谷井俊英
田村直子
平野健太郎
准会員制度を新設する。


(死去) 上野泰郎
2006(平18)59石股昭
海老洋
西久松吉雄
藤田志朗
牧野一泉
三木登
宮島弘道
創画会賞

石股昭
海老洋
谷井俊英
西久松吉雄
藤田志朗
牧野一泉
三木登
宮島弘道

奨励賞

大沢拓也
奥村美佳
多留裕二
中原麻貴
野角孝一
真鍋修
山内まどか
吉田みゆき
(死去) 平川敏夫
(死去) 山岸俊治
(退会) 斉藤典彦
2007(平19)60松倉茂比古創画会賞

荒木亨子
野角孝一
羽生輝
松倉茂比古
松本祐子
村岡幸信
渡辺章雄

奨励賞

阿部千鶴
岩井晴香
梶岡百江
喜多祥康
清水美紀
畑秀典
真鍋修
藪下育絵
読売新聞社と美術館連絡
協議会の主催による 「創画会60年展」を東京
高島屋他にて開催する。


(退会) 山本直彰
2008(平20)61羽生輝
渡辺章雄
創画会賞

荒木亨子
小鑓康子
清水正志
羽生輝
真鍋修
目黒祥元
吉田みゆき
渡辺章雄

奨励賞

赤野美紀
池庄司淳
加賀丈史
蕪山昌平
中原麻貴
牧野一穂
吉岡順一
(退会) 棚橋文子
(退会) 橋本龍美
(退会) 村松秀太郎
(死去) 岩本和夫
2009(平21)62松本祐子創画会賞

阿部千鶴
池田知嘉子
内海福溥
小野定
梶岡百江
久世直幸
清水正志
谷井俊英
松本祐子
室井佳世

奨励賞

小川佳浩
柿崎彩美
岸上ゆか
鳥居結人
本田郁實
前川祥子
前田由芽
牧野一穂
(死去) 黒沢吉蔵
2010(平22)63荒木亨子
久世直幸
谷井俊英
目黒祥元
創画会賞

荒木亨子
井手本貴子
今村雅弘
梶岡百江
久世直幸
図子光俊
谷井俊英
村岡幸信
目黒祥元

奨励賞

莫根美穂
岡田裕美
壁谷文子
佐野浩史
清水美沙
丹野香織
永井学
中村槙吾
白田誉主也
程塚敏明
牧野一穂
松谷千夏子
水田陽子
(死去) 橋田二朗
(死去) 毛利武彦
(死去) 大河内 正夫
(退会) 内田あぐり
2011(平23)64今村雅弘
小野定
梶岡百江
創画会賞

今村雅弘
小野定
梶岡百江
壁谷文子
田内公望
永井学
真鍋修

奨励賞

稲岡篤
河合幸子
酒井一彦
田尾憲司
高橋まり子
鳥居結人
前川祥子
牧野一穂
三橋卓
村松詩絵
(死去) 工藤甲人
2012(平24)65片柳勁創画会賞

奥村美佳
片柳勁
野畑直子
早瀬玲
程塚敏明
松谷千夏子
吉田幸紘

奨励賞

石原孟
北山義浩
神保千絵
鳥居結人
長澤耕平
三橋卓
(死去) 戸田康一
   佐々木弘
2013(平25)66野畑直子創画会賞

加藤良造
野畑直子
広岡真彩彦
藤井智美
牧野一穗

奨励賞

青木明日香
岡田裕美
岡部隆志
小畠友理
齋藤文孝
鳥居結人
長澤耕平
成澤響子
2014(平26)67創画会賞

石原孟
早瀬玲
程塚敏明

奨励賞

青木明日香
加藤丈史
中津淳
野上徹
白田誉主也
桝谷友子
三橋卓
森中歩
(死去) 坂口麻沙子
   小池一範
2015(平27)68創画会賞

池田知嘉子
加藤良造
藤井智美

奨励賞

太田泰助
岸上ゆか
重政周平
滝村彩子
陳芃宇
中津淳
土方朋子
藤野麻由羅
(死去) 信太金昌
   石本正
2016(平28)69藤井智美
真鍋修
創画会賞

石原孟
藤井智美
藤野麻由羅
真鍋修
三橋卓

奨励賞

岩井晴香
太田泰助
木田久美子
毛塚信子
監物紗羅
重政周平
中津淳
野上徹
土方朋子
(死去) 小嶋悠司
   大森運夫
2017(平29)70創画会賞

岩本智美
太田泰助
高橋希和
中津淳
成瀬今日子

奨励賞

大庭孝文
岡部隆志
加藤良造
陳芃宇
広岡真彩彦
室井佳世
吉田幸紘
(死去) 星野哲弘